やる夫 rpg

公開日: 20.12.2022

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 静観を決め込んでいた作者Bだったが、彼の元に読者が突撃していたこともあり 今後そのような事があったらしかるべき処置を取る 、といった旨の発言をTwitterで行った。そしてそれを知ってか知らずしてか、あるいは第三者がこれ幸いと作者を陥れるべく読者を装ったのか。真相は不明ながら作者Bの元へ再三の突撃が発生してしまった。.

こうした作者の独裁エピソードは作中だけに留まらない。彼は意識的に徹底して「作者が絶対」という方針で運営しており、データ協力として対戦相手のパーティ案を募集した時も出来が少しでも悪ければかなり口悪く批判し切り捨てていた。作者からすれば応募案を精査する手間があるからという建前で、案を提供して貰っているのではなく「 案を提供させてやっている 」と言わんばかりだった。.

鬼畜王陛下 の 作品まとめ. 歌を歌わせるアンドロイド「 初音ミク 」がなぜか?道端に転がっていたので、ラッキーとばかりに拾ってきたやる夫。. ファンタ ジー 世界の海賊の一味として、頼れる上司、頼れる参謀と共に、悪い奴らと戦う姿は爽快。. テーブルトークRPG 定番の、 冒険者 がギルドで依頼を探して冒険する、と言うスタンダードなストーリー。. 完結 [8]. 女神転生 シリーズを原案としたオリジナルストーリー。 メガテニスト にはお馴染み、普通の高校生がある日突然悪魔召喚プログラムを手に入れて、それまでの生活が一変する

Tabletop role-playing gamePen-and-paper role-playing game. [   ]?

​1.「ポケマス」というスレ

とか、色々心配性な 阿含 君。. 特に 七英雄 を深く掘り下げた内容になっています。. 陰キャ には目に毒。でも見てしまう。. ドラクエ3 に現実を持ち込んだらどうなるか?. 内乱激しいとある 都市国家 。血で血を争う泥沼の内戦を勝ち抜いたのは…主人公率いる 国防軍 だった。主人公は暫定政権を運営する独裁者。.

AAAATRPG [1]. CC-BY-SA .

3.別作者との関係悪化

汝は 人狼 なりや、という ボードゲーム をやる夫スレ化したもの。. やる夫スレに読み疲れしたら、今度は フリーゲーム などは如何でしょうか?. 遊戯王 青眼の白龍 LB ウルトラ 【ランクB】 【中古】.

[8]?

こうした作者の独裁エピソードは作中だけに留まらない。彼は意識的に徹底して「作者が絶対」という方針で運営しており、データ協力として対戦相手のパーティ案を募集した時も出来が少しでも悪ければかなり口悪く批判し切り捨てていた。作者からすれば応募案を精査する手間があるからという建前で、案を提供して貰っているのではなく「 案を提供させてやっている 」と言わんばかりだった。. ジョン・ペンバートン 有名 で主人公のレベルを上げまくったらどうなるのか?. 例えば終盤の重要な展開で、推理を間違えれば大事という内容の謎解きを読者が終ぞ解けなかった事で主人公のやる夫が失踪、仲間キャラが代理でストーリーを進めるという失敗展開でスレは阿鼻叫喚となった。この状況に作者は読者を宥めるどころか 謎を解けなかった読者を罵倒しだした のである。しかしながらこうした謎解きは後にひっそりと安価で扱われる事はなくなった。本人も謎解きを読者に委ねる事のデメリットを承知していたのだろうか。 他にも相手のポケモンのタイプ相性を読み解けず読者が混乱した時も作者は混乱しすぎだと読者を罵った。しかもこの混乱は「 仲間キャラが作中で推測したデータが間違いだった 」というミスリードが元凶である。推測といえどそれが間違っている可能性があるといった伏線もなく、仲間の発言を信用し前提に置いていた読者が混乱するのは当然である。しかもこの戦闘でやる夫は敗北、大会の序盤だったため荒れ方も大概だった。これを読者が悪いと罵ったのは単純にスレの混乱を収めるためだったのだろうがいくらなんでも乱暴である。ちなみにこの「仲間の勘違い」は後に何度か自虐ネタとして擦られている辺り、作者自身は失敗だったという認識はあるらしい。.

引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. でも、そもそも メガテン はR18じゃなきゃ書ききれないと思うんですよね。. ただ、少し違うのが、主人公はゴブリン討伐しか受けない、という点。主人公は駆け出しの 冒険者 ではなく銀等級とかなり高位の 冒険者 。にも関わらず、受ける依頼はゴブリン退治のみ。. 普通、こういうデスゲームものは大抵善人が出てくるのですが、この作品は登場人物全員 サイコパス 。自分の事だけしか考えていないやべー奴らしかいません。.

: TRPG. RPG .

だが、年代後半にはTRPGのブームも一山越えた事 [5] や、ゲーム要素の高いスレが 安価 スレ・ あんこスレ 等に移行した事で、TRPGを題材とするやる夫スレは減少している。. TRPGを題材にしたやる夫スレは、年代前半~中盤頃に多く存在した。内容も「ルールなどの 学ぶ系 スレ」「既存のリプレイ [4] 黒胡桃 オリジナル 作品」「GMとPL自体を登場人物とする作品」など多岐にわたる。.

内容は、なんというか、 遊戯王 のカードバトルと ポケモン バトルが融合した感じ? しかし作者はこうした点に毅然として「安価を取られた方が悪い」と不平不満に取り合わず、むしろ抑えつけた。ルーザーはともかくスナイプが悪いとは言えないもので(実際に作中で誰も気づいてなかった正答をスナイプがピンポイトで言い当てた事があった)、いちいち喧嘩していたらスレそのものが大荒れしかねないので妥当といえば妥当な対応ではあった。 ところがこの作者、悪い言い方をすれば かなり独裁的な運営方針を採っていた 。こと作者と読者の距離が近く、文句に対応してはキリがないので強権的に運営していくことは決して間違いではない。……が、この作者はそれ以上に高圧的だったのである。.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2023 pianetacartomanzia.it | 利用規約 | 連絡先 |